FC2ブログ
My事務所Blog My事務所Blog

◆ プロフィール

吉川

Author:吉川

外国人の在留・永住・日本国籍取得
支援を専門とする、東京・南青山の
「行政書士さくら国際法務事務所」代表です。英語のMy Office Blog
もご覧下さい。

◆ RSSリンク

◆ カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

◆ブログ内検索

◆リンク

| ホーム
スポンサーサイト
【--/--/--(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行政書士さくら国際法務事務所HP | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
企業にご挨拶にうかがう場合の提案資料
【2008/01/31(木) 22:21】
初めてうかがう企業には、事務所概要資料と参考資料をお持ちします。その企業の困っていること、ニーズもわからない場合には、提案資料というか、参考資料をお持ちします。

参考までに事務所ホームページからダウンロードできるようにしました。パワーポイントをPDF化したところ、画像が少し見にくくなりましたが、内容はお判りいただけるかと思います。もっとも、この資料はある企業を意識してのものなので、少し特殊な部分もあります。

「事務所概要」

「日本で働く外国人の在留資格」

内容:
 1.入管政策を巡る議論:人口減少社会と定住型移民政策
 2.契約形態による在留資格パターン
 3.家族の在留資格パターン
 4.外国人社員の日本定住
 参考:在留資格一覧



参考資料の内容としては、まだ外国人の方を採用されたことがない企業を前提としています。ただ、外国人登録証の見方などは入っていません。

まずは、トップの方々にそもそも外国人雇用を検討するにあたり、マクロ的なトピックとして「人口減少社会と定住型移民政策」について3枚スライドをご説明します。これは、外国人政策研究所の坂中英徳(ひでのり)所長の提唱される政策の背景・ポイント資料です。スライドは、口頭補足を前提としていますので、詳しくは、坂中氏著作の『移民国家ニッポン』(日本加除出版)をご覧下さい。

次に、在留資格パターンを勤務形態別に図示しています。勤務形態といっても、正社員・パートといった形態ではありません。外国人が外国法人に勤務している場合、日本法人に勤務している場合、また、どのような仕事を担当するかで「在留資格」が異なります。その分類例です。各在留資格の詳細も口頭補足を想定しているため、資料には記述がありません。詳しくは、当事務所ホームページもご覧下さい。

そして、外国人従業員の家族の在留資格についてご説明しています。これは、企業経営者の方は従業員の家族のことも、常に念頭におかれ、その責任を感じていらっしゃいます。そのため、従業員以外にどのような在留資格が該当するかをご説明しています。

最後に、従業員が日本に根を降ろす場合について、1枚でご説明しています。永住許可申請または、日本国籍を取得する「帰化」について期間条件中心にご説明しています。

■もっとも、打合せの流れ次第では相手の方のお話をうかがうのが中心となり、この資料はさっとお見せするだけになることもあります。

To English Blog

スポンサーサイト
在留資格「留学」4年+「技術」1年経過後の帰化申請
【2008/01/30(水) 22:48】
在留資格「留学」で4年、「技術」等の就労系在留資格で1年間、日本に居住した場合、帰化の居住条件「5年以上継続在留」は年数的には満たします。

しかし、5年のうち一定年数は就職し、国民の義務である納税義務を果たすことも求められているようです。そのため、「留学」4年+「就労」1年だと、5年以上継続在留していても、帰化が認められないこともあるようです。

詳しくは、法務局にご相談されることをお勧めします。お住まいの地域を管轄する法務局一覧は、法務省サイトのこちらになります。相談しにくいイメージをお持ちかもしれませんが、丁寧に答えてもらえるはずです。就労が何年以上ならいいとは担当の方も答えにくいとは思いますが、ご自分の場合はどうなのかと具体的に相談してみることかと思います。



そもそも、日本国籍取得のためには、国籍法では原則として以下6条件を満たした上で法務大臣の許可が必要となります。

 1)引き続き5年以上日本に住所を有すること。
 2)20歳以上で本国法によって能力を有すること。
 3)素行が善良であること。
 4)生計の安定が見込めること。
 5)日本に帰化することで二重国籍とならないこと。
 6)日本政府を暴力で破壊しようとする思想のないこと。

また、簡易帰化として上記の条件が緩和される場合もあります。代表的なものは、日本人と結婚した場合です。つまり、

 ケース1:日本人と結婚後、引き続き3年以上日本に住所を有すること

    または

 ケース2:日本人と結婚後3年経過し、引き続き1年以上日本に住所を有すること。

いずれかの場合には、上記6条件のうち1)と2)が免除となります。

■参考図書:

『帰化手続の手引』(横尾 継彦、篠崎 哲夫 著) 日本加除出版

  詳しく丁寧に解説されています。


『帰化申請マニュアル』(前田 修身 著) すばる舎

  わかりやすい本です。全体像をすぐに把握できるのがいいと思います。


関連ページ:帰化許可申請簡易帰化

To English Blog

今が必須、必然、最善
【2008/01/29(火) 23:43】
「今が必須、必然、最善」と聞いて、そうだなと思える方は後は読まなくても既に、今、書こうとしていることがお判りいただけると思います。

「今は最悪なのに。。。」という方にとって、簡単に「そうか、最善なんだ!」と思っていただくのも難しいと思います。ただ、そう考えると、楽になるし、うまくいくと思っています。

もともと、タイトルの言葉はある社長さん と2年振りに会って、その方がほとんど最初におっしゃった言葉でした。私も常日頃そう思っていましたから、「そうですよね。本当に」とお答えしました。以下は私なりの解釈です。

今あることは全て必須、つまり、欠くことができない。
なぜならなば、それがなければ次に繋がらないから。

今あることは全て必然、つまり、そうなることになっている。
なぜならば、それがあるからこそ次に繋がるから。

今あることは、全て最善。
うまくいっていれば、もちろん最善。
うまくいっていなくても、次に繋がる最善の道のりだから、やはり最善。


ただ、実際にそう思えるでしょうか? 

在留資格や帰化に関してご相談いただくケースでも、どうしようもないことがあります。そういう方に「それが必須・必然・最善」と言えるでしょうか? 落胆している方にすぐには言えません。ただ、ここに書いておくと、いつか見てもらえるのではと思って書いています。

私は、実際にそうは思えなくても、そう思うと楽になると思います。楽になれば、次のことをやってみようと思えるのではないでしょうか。うまくいかなくて、いわゆる「くよくよ」していても事態は変わりません。次のことをやってみれば、事態が変わるかもしれません。いや、何かやれば、何か変わっていきます。もしくは変わるまでやってみる。休みながらでもいいと思います。

うまくいかないときに、「今が必須・必然・最善」と思ってみるとフラストレーションが消える気がします。同時に勇気もでてきます。


「私はわかってる。ただ、いくら言ってもわからない人には、これがわかってもらえない。」という方もいます。

自分がわかっていれば、まずはそれでいいというのもありますが、誰かにそれがわかってもらえて、実践してもらえて、実感してもらえるようになれば、自分自身で感じている「必須、必然、最善」は真実なんだと、自分自身がさらに納得できます。

どうすればいいのでしょうか?

一つには、成功した方々が自分もそうしてきたということを伝えていくことかと思います。昔はホームレスをしていたけど、今は社長になった。おかげ様で、世の中の人の役にも立てている。そういう方が「苦しかったときも、それが今に繋がっている必須、必然、最善なんだ」と言えば、自分も実践しようという方が増えると思います。

アップルの創業者スティーブ・ジョブスも同様でした。せっかく入った大学に興味を失って退学し、カリグラフィー(アルファベットの飾り文字)に魅せられた。しかし、それが後にマックの美しいフォントに繋がった。あの退学がなければ、マックは生まれなかったということです。これは、ジョブスが2005年に行なった、スタンフォード大卒業式のスピーチの一節です。

既に多くのブログでも紹介されていますが、字幕.in というサービスがその英語スピーチに字幕を付けてくれています。

残念ながら、私はブログ上でその動画を表示させられませんでした。よければ「Stay hungry. Stay foolish. 」をご覧下さい。

ここで引用したいのは、以下の部分です。訳は「名古屋でがんばる社長のBlog(ブログ) 」の「スティーブ・ジョブスのスピーチ 」 から引用させていただきました。
もし私が、退学していなかったら、このカリグラフィの授業をを受けていなかったであろうし、パソコンも今あるように素晴らしい活字を搭載していなかったかもしれない。

もちろん、私が大学にいた頃は、先を見て点と点を結ぶことは不可能でありましたが。

しかし、それは、10年後を振り返ってみると非常にはっきりとしています。

もう一度云います、あなた達は、先を見て点と点を結びつけることは出来ないけれども、過去を振り返ると繋げることが出来るだけなんだ。

だから、あなた達は、将来、点どうしが何らかの形でつながってくることを信じるべきなんだ。

あなた達は、自分の根性、運命、人生、カルマ、何でも良い、とにかく信じること。

このアプローチは、私を裏切ったことはなく、私の人生においてのすべての違いをもたらしたのである。


この日本語訳は、「Stay hungry. Stay foolish. 」に紹介されていました。スティーブ・ジョブスのスピーチを紹介するブログは多くあったのですが、動画と日本語訳の出典を書いていてくださっていたので、ここでもご紹介しました。


さて、このようなすばらしい映像の後に、付言するのは僭越、もしくは無理がありますが、私が言いたいことに共通するのは、「将来、点どうしが何らかの形でつながってくることを信じるべきなんだ」という点です。

ただ、「自分の根性、運命、人生、カルマ、何でも良い、とにかく信じること」というとき、いざ、何を信じるかという問題があります。その一つの例として、私は「今が必須、必然、最善」と考えることだと思っています。「何でも良い」のですが、より自分で納得いくものがいい。私がこの考えが一番納得がいきます。

ただ、もうひとつ納得するためには、「今が必須、必然、最善」という言葉には続きがあると思っています。

「今が必須、必然、最善となるように、今、できることをする。」 

「今が必須、必然、最善と、将来、今を振り返ったときに思えるように、今、できることをする。」 

ちょっと矛盾しますが、放っておいても、必然的に「今が必須、必然、最善」になることはないと思います。

また、信じるだけでも難しいと思います。信じるだけではうまくいかないこともあります。

もちろん、あるかもしれません。しかし、それは単なる偶然であって、私たちが誰かに伝えるべき真実でも、アドバイスでもありません。

だから、信じた上で「今が必須、必然、最善となるように、今、できることをする」ことが重要なんだと思います。

もちろん、「今が必須、必然、最善となるように、今、できることを」したのに、うまくいかないかもしれません。そんなときは、「これは、まだよくなる前にどうしても通らなければいけない必須の道で、必然的に通ることになっている、最善の道なんだ。この先に用意された最善のために」と思っています。



「今は最悪なのに。。。」という方でも、「最善にしてみよう」と思っていただける方もいらっしゃると思います。

To English Blog

外国人が文系就職する場合の在留資格「人文知識・国際業務」
【2008/01/28(月) 23:11】
大卒や実務経験10年以上の外国籍の方が、日本で企画・営業・経理等の文系就職をする場合、在留資格「人文知識・国際業務」にあたります。

「人文知識・国際業務」は2種類の職種です。「人文知識」とは会計・法律等の文系の専攻・実務経験を活かして働く場合です。「国際業務」は通訳・翻訳家が典型です。いわゆる「人国(じんこく)」です。条件はそれぞれ、以下の①②になります。

 ・「人文知識」 ①文系専攻で大学を卒業し、専攻を活かして就職
               または
           10年以上の実務経験を持つ職種に転職

          ②日本人社員と同等の報酬


 ・「国際業務」 ①3年以上の実務経験後、通訳・翻訳等に従事(大卒資格不要)
               または
            大学を卒業して通訳・翻訳に従事(実務経験不要)

          ②日本人社員と同等の報酬


現在、大学生であり「留学」の在留資格をお持ちの場合、在留資格変更申請をします。「人国」への変更が許可されれば、在留期間は3年または1年となります。

■申請の立証ポイントは4つです。以下は以前にご説明した「技術」と同じです。

①申請人の大学での専攻・実務経験
②専攻・実務経験と就職先の職務内容の関連性
③就職先の職務内容・報酬
④就職先の継続性・安定性

立証ポイント


■ 本人が用意する申請書類

1)パスポート
2)外国人登録証明書
3)在留資格変更許可申請書(入管HPからダウンロードできます)
4)履歴書
5)卒業証明書または卒業見込証明書(卒業証明書は後日、追加提出)
6)成績証明書
7)申請理由書
    必須資料ではありませんが、立証ポイント①②③を説明します。

■ 会社が用意する申請書類

1)雇用契約書の写し
2)会社の法人登記簿謄本(発行後3ヶ月以内)
3)決算報告書(最新年度のもの)
4)会社案内
5)外国人社員リスト(外国人従業員がいる場合)
6)雇用理由書
    必須資料ではありませんが、立証ポイント①②③、さらに④を説明します。

■東京入管では、4月1日からの就職のため、通常12月1日から変更申請を受け付けています。ただし、卒業見込証明書で申請したとしても、最終的な許可の際には卒業証明書が必要となります。卒業証明書は卒業式後に発行されるため、許可されるとしても3月末となります。しかし、混雑を避けるためにも早めに申請されることをお勧めします。


関連ページ:在留資格「人文知識・国際業務」

To English Blog


日本人と外国人の間のお子さんの日本国籍取得について
【2008/01/27(日) 21:08】
日本人と外国人の間にお子さんが生まれた場合、日本国籍を取得できる場合とできない場合があります。そのフローは以下になります。


日本人と外国人の子供の日本国籍取得


1)日本人が母親の場合は、外国人の父親との結婚の有無に関わらず、子供は日本国籍を取得します。

2)日本人が父親の場合、結婚しているか、いないかで結果が異なります。

2-1)結婚している場合

 結婚している夫婦の子供は「嫡出子(ちゃくしゅつし)」と呼ばれます。この場合は、日本国籍を取得します。

2-2)結婚していない場合

 結婚していない夫婦の子供は「非嫡出子」と呼ばれます。この場合、子供が生まれる前に父親が認知する「胎児認知」を行なえば、日本国籍を取得します。しかし、生後に行なう「生後認知」の場合、それだけでは日本国籍を取得できません。上記フローの赤矢印のケースです。

 生後認知した場合に、子供が日本国籍を取得するには、さらに夫婦が結婚する「準正(じゅんせい)」の場合か、帰化する場合に限られます。日本人の子供の場合には帰化条件が緩和され、いわゆる「簡易帰化」にあたります。

3)生後認知で準正・帰化がない場合、または認知がされない場合には、日本国籍を取得できないため、在留資格を取得する必要があります。もしくは、外国籍として帰化を申請することも考えられます。


日本国籍を取得できないお子さんに関する在留資格については、また別途ご説明します。


関連ページ:国際結婚と子供の国籍帰化簡易帰化

『こんなときどうする外国人の入国・在留・雇用Q&A』
【2008/01/27(日) 11:42】
■国際行政書士向けの本:

第一法規が出版する『こんなときどうする外国人の入国・在留・雇用Q&A』はリンク先の写真のように10cm程のファイル2分冊に及ぶ、国際行政書士のノウハウを集大成した資料です。

書籍のタイトルは入門者向けのようにも感じますが、実際には入管・帰化関連の法令解説と豊富な事例紹介で構成され、書式事例も数多く掲載されています。

価格は15,750円ですが、国際業務をされる行政書士、特に開業される方には10万円以上、数十万円の価値があると思います。もちろん、これだけの資料でも実際のノウハウは語り尽くせるものではないのだと思います。しかし、知識の体系化・共有化にとっては大きな意義があります。国会図書館にはありましたが、図書館などで一度ご覧になられてはどうでしょうか。

※この記事は、元々はこちらの記事の一部でしたが、中山先生のご紹介と本の紹介が一つになっていました。そこで、「本・入管法関連」というカテゴリに別記事として残すために、本の紹介だけを切り出しました。

To English Blog

外国人プログラマーの在留資格変更申請が不許可の場合
【2008/01/25(金) 16:44】
外国人がプログラマーとして就職する場合、「留学」から「技術」への在留資格変更申請を行なう例を、以前にご説明しました。

しかし、申請が不許可になる場合もあります。その場合には、まずは不許可理由を入国管理局に確認してください。

考えられるのは、以前ご説明した4つの立証ポイントのいずれかに問題がある場合です。

  ①申請人の大学での専攻・実務経験 
  ②専攻・実務経験と就職先の職務内容の関連性
  ③就職先の職務内容・報酬
  ④就職先の継続性・安定性

もしくは申請書の書き方に不備がある場合もあります。事実としては、4つの立証ポイントには問題がないのですが、それが申請理由書、雇用理由書に表現されていない、もしくは誤解を与える内容になっていたかもしれません。

risshouPointGijutu.gif


立証ポイントに関して言えば、申請人本人に問題がないのに、不許可になった場合、

立証ポイント④の就職先の継続性・安定性に問題がある場合があります。

就職予定の申請人は知らないだけで、過去に外国人雇用で問題があり、要注意企業とされているかもしれません。過去に問題があった場合、現在は問題が改善がされ、再発防止がされていることを説明する資料を追加提出しましょう。過去を隠さず、事実として改善・再発防止が図られていることを理解してもらうことが必要です。就職先の方の協力が必要ですが、その企業にとっても利益になることです。

また、立証ポイント②の専攻と職務内容の関連性欠如も、不許可の一因となりえます。

特に、文系専攻だった学生がシステム開発会社に就職するということで「技術」として申請して不許可となる場合があります。実際の職務内容が、プログラマーという技術者ではなく、システムコンサルタントとして業務の上流分析を行なう企画業務の場合、経営管理等の専攻を活かして「人文知識・国際業務」という在留資格が認められる場合もあります。

もちろん、申請者の専攻と職務内容次第では、文系であっても「技術」が認められる場合もあります。プログラマー=「技術」、文系出身=「人文知識・国際業務」と形式的に判断するのではなく、実際の履修科目と具体的な職務内容の関連性をアピールする必要があります。

■自分が何を学んだか、どんなスキルがあるか、それが仕事でどう活かせるかを説明します。それは就職活動においても行なってきたことかと思います。入国管理局への申請にも同じ気持ちで取り組まれるといいかと思います。

関連ページ:在留資格「技術」「人文知識・国際業務

To English Blog

『働く意味』 兼元謙任(株式会社オウケイウェイヴ社長)
【2008/01/23(水) 15:36】
人生を知るための本:
『働く意味』 兼元謙任(2007年12月出版)
働く意味―ホームレスだった社長が伝えたい働く意味―ホームレスだった社長が伝えたい
(2007/12)
兼元 謙任



 「働く意味は?」と聞かれて、さっとなんと答えられるでしょうか?

答えは百人百様でいいはずですが、兼元社長の答えには納得がいきます。その答えは一番最初のページにあります。でも、最初はそのページは「そうだな」と思いつつも、読み進んでしまうかもしれません。

でも、兼元社長のホームレース体験も含み、その博識に触れつつ読み進めていくと、最後の第5章で同じことがもう一度書かれたときにより納得できるようになります。 

ご存知かもしれませんが、著者は100万人の会員をもつQ&Aサイト「OKWave」の社長です。


■幸いなことに昨日、兼元社長と同社の杉浦取締役とお昼を一緒にさせていただく機会がありました。その場では、この本以外にも参考になることが話題になったのですが、それはまた後日。

以下、この本が「私にとって参考になった点」と「(外国人の)みなさんにとって参考になりそうな点」です。日本人の方であれば、外国人の友人などに教えていただければ幸いです。


■私にとって参考になった点

自分のやるべき仕事を見つけるために以下の記述があります。

あなたの歴史はあなただけのものだ。あなたが、強く思い込める価値はそこからしか生まれない。そこからしかあなたならではの仕事のやり方も生まれないのだ。それが働くときの強力なコアになる。それがあれば、ちょっとやそっとの挫折を越えて仕事を継続できる。コアはあなたの歴史から生まれるのだ。そのことを考えれば、一度自分の過去をしっかりと見直すことがムダではないと思えるだろう。(22ページ)

そして、そのための作業の一つとして

自分のリストを作ってみる
・自分のやりたいことを三つ以上挙げる
・自分の達成していることを三つ以上挙げる
・自分がこうだったらよかったのに、ということを三つ以上挙げる
・自分が他の人々にしてもらったことを三つ以上挙げる
(21ページ)

ということを推奨されています。しかも、これは自分だけではなく、ご両親についても考えてみることが重要だと。

私は既にこれに似たことをやりました。だから会社を辞めて国際行政書士になりました。詳細はまた後日に書かせていただきますが、トップの写真が自分のコアです。研修員も私もお互いに信頼し・感謝しているから、みんなの目の輝きがいいと思います。そしてあの美しい海。左端に泳いでいる子供達も平和そのものです。そういうコアがあると、「ちょっとやそっとの挫折を越えて仕事を継続できる。コアはあなたの歴史から生まれるのだ。」 そのとおりかと思います。

■(外国人の)みなさんにとって参考になりそうな点

私なりの解釈では、オウケイウェイヴは「教えて(欲しい人)」と「答えて(あげたい人)」をつなぐ、人と人を対話と感謝でつなぐというミッションを持つ会社です。明快でわかりやすく、重要で大切なミッション。そういうもとに人は集まりたい、集まると思います。だから、伸びる、儲かる、成長するのかと。

そして、社長の挨拶によると:

「OKWave(オウケイウェイヴ)の「O」は「Oshiete(教えて)」、「K」は「Kotaeru(答える)」の頭文字をとっています。
「教えて(質問)」・「答える(回答)」を仲介し、みなさんが抱えている疑問や悩み、望みを『OK』な状態にし、それを『Wave(波)』のように世界に広げていくという意味を社名に頂いております。
私たちオウケイウェイヴは、みなさまとQ&Aコミュニケーションを重ねながら、2010年までに世界100カ国にQ&Aソリューションを提供し、世界規模で助け合いを推進するグローバルカンパニーになります。

最後に「2010年までに世界100カ国にQ&Aソリューションを提供し、世界規模で助け合いを推進するグローバルカンパニーになります」とあります。そのためには、世界各国に人材が必要なはずです。しかも、今回ご紹介した本にインターン採用試験方法まで書いてあります。

インターンの方々に紙を配って、やりたいことを30秒で書かせる。書かないと0点で、書いたら100点。0点の人はうちへ来なくていいと言う。
(中略)
ただ、書くのはインターン10人のうち2~3人だ。趣旨を説明し、書かなかったら会社に来なくてもいいとまで言っているのに(55ページ)

この本を読んだ、またはOKWaveのサイトに興味を持った方、挑戦されてはどうでしょうか?採用されたら自分の国の子会社の社長になるのはどうでしょうか。いまどき、ノートPC一台でもサービスは開始できます。

せっかく日本に来たのに、また日本に来るのが大変と思われるでしょうか。でも、子会社の社長ならきっと、日本本社でもみなさんの母国を担当する事業部長取締役にはなれるのではないでしょうか。そうすれば、『投資経営』という在留資格です。外国子会社から日本に転勤すれば親子会社間であっても『企業内転勤』です。

在留資格は後から付いてきます。まずは自分のコアを見つめてチャレンジされてはいかがでしょうか。

To English Blog

日系2世、3世、4世の方の在留資格
【2008/01/22(火) 21:14】
日系2世、3世、4世の方には在留資格「定住者」が認められる可能性があります。詳細は法務省の定住者告示に規定されていますが、一目ではわかりにくい部分もあります。そこで、家系図の例で該当する方と条件を示すと、以下になります。

いくつか考えられるケースがありますが、以下はその1つです。定住者告示3号、5号等とありますが、この番号は前述の定住者告示の番号です。

定住者の家系図例


上の家系図のように、2世、3世の方とそれぞれの配偶者に「定住者」が認められる可能性があります。

「素行善良要件」とは、日本及び外国での法令違反により懲役・禁錮・罰金に処されたことがないという要件です。ただし、懲役・禁錮を終えて10年経過した場合、及び罰金を払い終えて5年経過した場合も除きます。

さらに4世の方の場合には、①親が「定住者」の在留資格を有し、②その親の扶養を受け、③未婚、④未成年、⑤素行善良要件という条件の全てを満たす必要があります。


関連ページ:在留資格「定住者」
To English Blog

在留資格「永住者」の条件
【2008/01/21(月) 22:03】
在留資格「永住者」とは、文字通り在留期限なく、永住することを認められます。永住者としての許可を得るためには、以下の条件を満たした上で法務大臣の許可を得る必要があります。

permanentRes.gif


①在日期間等

 原則は「継続して10年以上」です。ただし、表のように在留資格「定住者」、または配偶者・実子などの場合には必要な期間が短縮されます。

 さらに、永住者の実子として日本で生まれた場合には、在日期間の条件がありません。むしろ、出生後30日以内に永住者の在留資格取得申請を行なうことが必要になります。いわゆる「出生永住」です。

②素行要件:素行が善良であること。

 法律を遵守し、日常生活においても社会的に非難されることのない生活を営んでいることが必要です。
 
③独立生計要件:独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること。

 資産又は技能等から見て現在および将来において安定した生活が見込まれることが必要です。

④犯罪歴なし

 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していることが必要です。

⑤最長在留期間

 現に有している在留資格について、最長の在留期間をもって在留していること。例えば、「日本人の配偶者等」の在留資格の在留期間は「3年または1年」です。そのため、最長の「3年」の在留期間であることが必要となります。


※この他、「公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと」も必要ですが、通常は問題にはなりません。


関連ページ:永住許可
To English Blog


外国人がプログラマーとして就職する場合
【2008/01/20(日) 20:00】
大卒や実務経験10年以上の外国籍の方が、プログラマーとして日本で就職する場合、在留資格「技術」にあたります。ただし、日本人プログラマーと同等の給料であることが必要です。

現在、大学生であり「留学」の在留資格をお持ちの場合、在留資格変更申請をします。「技術」への変更が許可されれば、在留期間は3年または1年となります。

■申請の立証ポイントは4つです。

①申請人の大学での専攻・実務経験
②専攻・実務経験と就職先の職務内容の関連性
③就職先の職務内容・報酬
④就職先の継続性・安定性

立証ポイント


■ 本人が用意する申請書類

1)パスポート
2)外国人登録証明書
3)在留資格変更許可申請書(入管HPからダウンロードできます)
4)履歴書
5)卒業証明書または卒業見込証明書(卒業証明書は後日、追加提出)
6)成績証明書
7)申請理由書
    必須資料ではありませんが、立証ポイント①②③を説明します。

■ 会社が用意する申請書類

1)雇用契約書の写し
2)会社の法人登記簿謄本(発行後3ヶ月以内)
3)決算報告書(最新年度のもの)
4)会社案内
5)外国人社員リスト(外国人従業員がいる場合)
6)雇用理由書
    必須資料ではありませんが、立証ポイント①②③、さらに④を説明します。

■東京入管では、4月1日からの就職のため、通常12月1日から変更申請を受け付けています。ただし、卒業見込証明書で申請したとしても、最終的な許可の際には卒業証明書が必要となります。卒業証明書は卒業式後に発行されるため、許可されるとしても3月末となります。しかし、混雑を避けるためにも早めに申請されることをお勧めします。


関連ページ:在留資格「技術」
To English Blog


在留資格とVISAの違い
【2008/01/20(日) 20:00】
 在留資格は、一般にはビザと呼ばれることもありますが、正確には在留資格とビザは異なります。

 在留資格は、日本での活動内容または配偶者等の身分に応じて、入国許可時に与えられる法的資格です。

 一方、ビザ(VISA)は在外大使館で発給され、当該外国人が日本入国条件を満たす場合にパスポートに押印されるものです。日本語では査証と呼ばれます。
 
 ビザは日本に上陸するため一つの条件であり、入国を保証するものではありません。したがって、ビザがあっても、過去に犯罪歴があれば、空港での入国が認められない場合もあります。

はじめまして
【2008/01/20(日) 19:59】
はじめまして、行政書士さくら国際法務事務所 代表の吉川です。

 2007年8月に開業し、これまではホームページのみを運営していましたが、今日からブログも始めることとしました。

 ホームページは自分なりに体系的に作成しようと心がけました。しかし、そのため、体系的に収めきれなかった重要な情報が多くあります。ブログのカテゴリを利用して、それらを逐次、書いていきたいと思います。また、ホームページに既に書いた情報から重要なポイントもご紹介もしていきたいと思います。

■テーマとしては:

1)外国人が日本で就職・結婚等する場合に必要な手続(在留資格)

2)外国人が日本国籍を取得する場合に必要な手続(帰化申請)

3)ホームページには書いていない自己紹介

などです。これを日本語の「My事務所Blog」と英語の「My Office Blog」で運営して行こうと思います。


■略歴:こちらをご覧下さい。

よろしくお願いします。

To English Blog


| ホーム

ブログの内容の正確性については細心の注意を払っております。
しかし、ブログを参考にされ、ご自分でなされた行為については責任を負うことはできません。
適切な申請のためには、行政書士さくら国際法務事務所までご相談いただければ幸いです。

copyright 2006-2008 My事務所Blog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。