FC2ブログ
My事務所Blog My事務所Blog

◆ プロフィール

吉川

Author:吉川

外国人の在留・永住・日本国籍取得
支援を専門とする、東京・南青山の
「行政書士さくら国際法務事務所」代表です。英語のMy Office Blog
もご覧下さい。

◆ RSSリンク

◆ カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

◆ブログ内検索

◆リンク

| ホーム
スポンサーサイト
【--/--/--(--) --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行政書士さくら国際法務事務所HP | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
外国人が文系就職する場合の在留資格「人文知識・国際業務」
【2008/01/28(月) 23:11】
大卒や実務経験10年以上の外国籍の方が、日本で企画・営業・経理等の文系就職をする場合、在留資格「人文知識・国際業務」にあたります。

「人文知識・国際業務」は2種類の職種です。「人文知識」とは会計・法律等の文系の専攻・実務経験を活かして働く場合です。「国際業務」は通訳・翻訳家が典型です。いわゆる「人国(じんこく)」です。条件はそれぞれ、以下の①②になります。

 ・「人文知識」 ①文系専攻で大学を卒業し、専攻を活かして就職
               または
           10年以上の実務経験を持つ職種に転職

          ②日本人社員と同等の報酬


 ・「国際業務」 ①3年以上の実務経験後、通訳・翻訳等に従事(大卒資格不要)
               または
            大学を卒業して通訳・翻訳に従事(実務経験不要)

          ②日本人社員と同等の報酬


現在、大学生であり「留学」の在留資格をお持ちの場合、在留資格変更申請をします。「人国」への変更が許可されれば、在留期間は3年または1年となります。

■申請の立証ポイントは4つです。以下は以前にご説明した「技術」と同じです。

①申請人の大学での専攻・実務経験
②専攻・実務経験と就職先の職務内容の関連性
③就職先の職務内容・報酬
④就職先の継続性・安定性

立証ポイント


■ 本人が用意する申請書類

1)パスポート
2)外国人登録証明書
3)在留資格変更許可申請書(入管HPからダウンロードできます)
4)履歴書
5)卒業証明書または卒業見込証明書(卒業証明書は後日、追加提出)
6)成績証明書
7)申請理由書
    必須資料ではありませんが、立証ポイント①②③を説明します。

■ 会社が用意する申請書類

1)雇用契約書の写し
2)会社の法人登記簿謄本(発行後3ヶ月以内)
3)決算報告書(最新年度のもの)
4)会社案内
5)外国人社員リスト(外国人従業員がいる場合)
6)雇用理由書
    必須資料ではありませんが、立証ポイント①②③、さらに④を説明します。

■東京入管では、4月1日からの就職のため、通常12月1日から変更申請を受け付けています。ただし、卒業見込証明書で申請したとしても、最終的な許可の際には卒業証明書が必要となります。卒業証明書は卒業式後に発行されるため、許可されるとしても3月末となります。しかし、混雑を避けるためにも早めに申請されることをお勧めします。


関連ページ:在留資格「人文知識・国際業務」

To English Blog


スポンサーサイト
外国人プログラマーの在留資格変更申請が不許可の場合
【2008/01/25(金) 16:44】
外国人がプログラマーとして就職する場合、「留学」から「技術」への在留資格変更申請を行なう例を、以前にご説明しました。

しかし、申請が不許可になる場合もあります。その場合には、まずは不許可理由を入国管理局に確認してください。

考えられるのは、以前ご説明した4つの立証ポイントのいずれかに問題がある場合です。

  ①申請人の大学での専攻・実務経験 
  ②専攻・実務経験と就職先の職務内容の関連性
  ③就職先の職務内容・報酬
  ④就職先の継続性・安定性

もしくは申請書の書き方に不備がある場合もあります。事実としては、4つの立証ポイントには問題がないのですが、それが申請理由書、雇用理由書に表現されていない、もしくは誤解を与える内容になっていたかもしれません。

risshouPointGijutu.gif


立証ポイントに関して言えば、申請人本人に問題がないのに、不許可になった場合、

立証ポイント④の就職先の継続性・安定性に問題がある場合があります。

就職予定の申請人は知らないだけで、過去に外国人雇用で問題があり、要注意企業とされているかもしれません。過去に問題があった場合、現在は問題が改善がされ、再発防止がされていることを説明する資料を追加提出しましょう。過去を隠さず、事実として改善・再発防止が図られていることを理解してもらうことが必要です。就職先の方の協力が必要ですが、その企業にとっても利益になることです。

また、立証ポイント②の専攻と職務内容の関連性欠如も、不許可の一因となりえます。

特に、文系専攻だった学生がシステム開発会社に就職するということで「技術」として申請して不許可となる場合があります。実際の職務内容が、プログラマーという技術者ではなく、システムコンサルタントとして業務の上流分析を行なう企画業務の場合、経営管理等の専攻を活かして「人文知識・国際業務」という在留資格が認められる場合もあります。

もちろん、申請者の専攻と職務内容次第では、文系であっても「技術」が認められる場合もあります。プログラマー=「技術」、文系出身=「人文知識・国際業務」と形式的に判断するのではなく、実際の履修科目と具体的な職務内容の関連性をアピールする必要があります。

■自分が何を学んだか、どんなスキルがあるか、それが仕事でどう活かせるかを説明します。それは就職活動においても行なってきたことかと思います。入国管理局への申請にも同じ気持ちで取り組まれるといいかと思います。

関連ページ:在留資格「技術」「人文知識・国際業務

To English Blog

外国人がプログラマーとして就職する場合
【2008/01/20(日) 20:00】
大卒や実務経験10年以上の外国籍の方が、プログラマーとして日本で就職する場合、在留資格「技術」にあたります。ただし、日本人プログラマーと同等の給料であることが必要です。

現在、大学生であり「留学」の在留資格をお持ちの場合、在留資格変更申請をします。「技術」への変更が許可されれば、在留期間は3年または1年となります。

■申請の立証ポイントは4つです。

①申請人の大学での専攻・実務経験
②専攻・実務経験と就職先の職務内容の関連性
③就職先の職務内容・報酬
④就職先の継続性・安定性

立証ポイント


■ 本人が用意する申請書類

1)パスポート
2)外国人登録証明書
3)在留資格変更許可申請書(入管HPからダウンロードできます)
4)履歴書
5)卒業証明書または卒業見込証明書(卒業証明書は後日、追加提出)
6)成績証明書
7)申請理由書
    必須資料ではありませんが、立証ポイント①②③を説明します。

■ 会社が用意する申請書類

1)雇用契約書の写し
2)会社の法人登記簿謄本(発行後3ヶ月以内)
3)決算報告書(最新年度のもの)
4)会社案内
5)外国人社員リスト(外国人従業員がいる場合)
6)雇用理由書
    必須資料ではありませんが、立証ポイント①②③、さらに④を説明します。

■東京入管では、4月1日からの就職のため、通常12月1日から変更申請を受け付けています。ただし、卒業見込証明書で申請したとしても、最終的な許可の際には卒業証明書が必要となります。卒業証明書は卒業式後に発行されるため、許可されるとしても3月末となります。しかし、混雑を避けるためにも早めに申請されることをお勧めします。


関連ページ:在留資格「技術」
To English Blog


| ホーム

ブログの内容の正確性については細心の注意を払っております。
しかし、ブログを参考にされ、ご自分でなされた行為については責任を負うことはできません。
適切な申請のためには、行政書士さくら国際法務事務所までご相談いただければ幸いです。

copyright 2006-2008 My事務所Blog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。